2005年12月14日

テニス上達法!バックハンド第五回

テニス上達法!!バックハンド第五回

ここ最近メガテニを見て凄く分かりやすいですっ♪(* ^ー゚)
なんてご感想が寄せられます

確かにそうですよね。管理人としては専門用語をなるべく使わず
包丁グリップとかフライパングリップなどと表現すれば初心者には
特に分かりやすいと考えているからです

こんな話はさらっと流して本題です

テニスバックハンドでボールのコントロールにいまひとつ安定感が・・
と思いのプレイヤーは非常に多いですΣ(・ε・;)

原因として考えられるのはインパクトの瞬間に脇が開きすぎてしまって
いることが最大の原因でしょう。

改善矯正法としては出来るだけ打つ瞬間に脇を閉じる。
そしてなるべくボールとラケットがくっついている状態を保つ。
これは当然ボールはラケットに当たった瞬間に離れると感じることですが

実は安定感のあるプレイヤーはボールとラケットがくっついている瞬間
がながいのです(驚きですよね

実際は.何秒の世界ですがそれくらいテニスはメンタル的にも技術的にも
繊細なスポーツということです。

是非そんなことを考えながら練習してみてください

メガテニトップへ
posted by KEN at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | バックハンド症状(5) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。