2005年12月20日

練習&技術の次に大事な物!!?それは?

テニス上達する上で大事なのは練習・・・これが一番(管理人談♪(* ^ー゚)
次にその練習で得た技術の反復練習・・・これが二番(管理人談♪(* ^ー゚)

その次に大事なのはテニスアイテムの正しい確保です(管理人談♪(* ^ー゚)

ナイキ・アディタスなどメジャーなものからマイナー♪(* ^ー゚)な物まで
揃わない物はないと言われているメジャーショップ
管理人の僕も多々利用させてもらっておりますΣ(・ε・;)

テニスは道具ではありません。(これは世の中お金ではありません!!
と同じような原理です。しかしお金が生きていく上で大事な要素!!
と同じようにテニスアイテムの確保もテニス上達の上で大事な要素です

是非▼▼▼でテニスアイテムの豊富さをお楽しみくださいなっ♪(* ^ー゚)

国内最大のテニス専門サイト

アディダスやナイキをはじめ

2万点におよぶテニス商品!
posted by KEN at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テニス上達!上級編・ライジング打法!!!

テニス上達法!上級編・究極ライジング打法


遂に皆さんここまで来てしまいましたね。
はっきり言ってここまでの事を堅実にマスター実行すれば
お金を出してレッスンなど受けずに絶対に上達しているはずです。

ボクとしても本来は有料並の情報を技術伝達しております
皆さんに置かれましてはどんどんこれらのことを実行して
どんどん練習に励んで言っていただければ、日本テニス底上げ計画
を目論んでいる僕としてはこの上ない喜びです♪(* ^ー゚)

そして今回は集大成として上級編・ライジング打法を伝授いたします
ライジング!!・・・どこかで一時期聞いた言葉ですよね?

そうです!!あの世界最高ランク4位を成し遂げた伊達公子選手が
使っていたショットです。

つまりどういう事かと言いますと・・・♪(* ^ー゚)
普通ボールが弾み→頂点に達し→落ちてくると言う工程が
ボールには必ずありますが、簡単に言うと
初心者は頂点から達し→落ちてくるところを打つ
中級者は頂点に達した地点で打つ
上級者・ライジングはボールが弾んだ直後に打つということです

この打法はあらゆる面でメリットがあります
1.相手にリズムを作らせない
2.ボール自体に威力が増す

この二点だけですがこの打法をマスターすれば勝率は50%を
超えること間違いなし。

修得のコツは上級者だけあって難しいことを言わせてもらいます

1.フットワークの強化(足が速くなる)
2.打点の確立(いつも同じ打点&高さ(大事)で打てるようにする

上記のことをすれば必ずマスターに繋がるでしょう♪(* ^ー゚)

今回で一通りのメガテニネット講座を終了しますが
今後随時新しい情報を無料で掲載していきますので是非
今後ともメガテニス情報館をよろしくお願いいたします

ご愛読いつも有難うございます。貴方のテニス上達を心より希望して♪(* ^ー゚)

メガテニストップ

テニス上達法!スマッシュ最終回

テニス上達法!スマッシュ最終回
スマッシュ最終回は皆さんのことですから
既に必要のないくらいの技術がこのメガテニネット講座で
修得済みだと思います。

しかし今回はどうしてもアウト・ネットしてしまう方のために
正しいスマッシュの打点(大事♪(* ^ー゚)をお伝えします。

打点ははっきり入って頭部よりボール四つくらい前の所に
焦点を集中してその部分のみで打つように努力・練習してください

これ以外にはっきり言って近道はありません♪(* ^ー゚)♪(* ^ー゚)
努力すれば必ず身につきます。・・・最後にボクが保障します


メガテニストップ
posted by KEN at 03:16| Comment(0) | TrackBack(0) | スマッシュ症状(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テニス上達法!スマッシュ第一回

テニス上達法!スマッシュ第一回
スマッシュ第一回と称するこのコーナー

実はスマッシュのコツは実を言うと
「テニス上達法!スマッシュ上達法」でほとんど言ってしまいました
このネットテニス講座は一項目ごとに文章は短いですが、実は非常に
内容の濃いものになっています。ぜひスマッシュ講座は上記の講座を
熟読していただき、右に反れる左にそれるなどの項目に関しては

フライパングリップ!包丁グリップで調整してみてください。


メガテニストップへ
posted by KEN at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | スマッシュ症状(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テニス上達法!スマッシュ上達法

テニス上達法!スマッシュ上達法

スマッシュを行う上でまず貴方に確かめたいことがあります♪(* ^ー゚)
それはスマッシュを行った場合何を目的としますか?

A.決める事
B.思いっきり打つこと

さあどちらが正しい答えでしょうか?



答えは当然Aです。
スマッシュに限らず一般プレイヤーはどうしても強打したがる
傾向にあります。ゴルフでもそうですが強打するよりもそのショットの
意味を考えて実行してください。格好のよいショットなどどんなスポーツ
にも無意味なのです。どうして格好良く打ちたがるか?それは
プロスポーツの世界のショット一つ一つがかっこよく見えるだけで
テレビで見るスポーツ選手もみな基本が出来ているから格好良く
見えるだけです。

スマッシュだけで言えば凄く簡単。ラケットを肩に担いで、振り落とすだけ
です。まずはこれで矯正してみてください。

メガテニストップへ
posted by KEN at 03:07| Comment(0) | TrackBack(0) | スマッシュ上達法▼▼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テニス上達法!バックボレー最終回

テニス上達法!バックボレー最終回

さて!バックボレーもいよいよ最終回♪(* ^ー゚)

ボールがネットしてしまう・・・と言う点ではフォアボレー
最終回と同じですのでご参照ください。

この章ではボレーのトータル的なことで一言言わせてもらいます
♪(* ^ー゚)

この今までやってきたボレーのみならず、実はボレー自体
やはりミスの少ない方が勝率が高いと言う極秘原則があります

つまり今まで公表してきたボレーノウハウは練習で一生懸命
練習してもらいますが、どうしても本番になるとミスが多い(汗)
というかたは多いはず♪(* ^ー゚)

つまりボレーに出た場合理想論ではなく、現実的に自分の
なるべく近くで打ちましょうということなんです♪(* ^ー゚)

そうするとミスが少なくなり、前記したように勝率25%から
35%くらいにまで上がるでしょう。テニスはきれいごとではなく
ミスさえしなければよいと言う結論に達しますね♪(* ^ー゚)

メガテニストップ
posted by KEN at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | バックボレー症状(4) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テニス上達法!バックボレー第三回

テニス上達法!バックボレー第三回

バックボレー第三回はボールがどうしてもコートの外(アウト)
に行ってしまう(汗)です♪(* ^ー゚)

基本的にフォアボレーと何も変わりません。
是非これに関してはフォアボレー第三回をご参照ください♪(* ^ー゚)
(めんどくさいのではなく本当にフォアボレーと同じです♪(* ^ー゚)

メガテニストップへ
posted by KEN at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | バックボレー症状(3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テニス上達法!バックボレー第二回

テニス上達法!バックボレー第二回!

バックボレーでボールが右に!!?
第一回で説明した逆バージョンですね♪(* ^ー゚)
つまりラケットを少し厚め(フライパンを持つように
移動することで簡単に修正が可能です

基本的なこと(手首&ラケットは90度で固定♪(* ^ー゚)
は厳守していただき少しずつ調整してみてください♪(* ^ー゚)

メガテニストップへ
posted by KEN at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | バックポレー症状(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テニス上達法!バックボレー第一回

テニス上達法!バックハンド第一回

バックハンドでボールが左方向にいってしまうのは
ラケットの面が左方向に向き、尚且つスライス(ボールを切って
しまっている)事が考えられます。

ラケットの握り方を少し包丁を切る方向に変えてみてください。
そんな感じで調整してみると凄くしっくり来るボレーが楽しめます。

もちろん基本の手首&ラケットは90度を厳守してください
こんな感じでやっていけば上達は目に見えて分かるはずです

メガテニストップへ
posted by KEN at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | バックポレー症状(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テニス上達法!バックボレー上達法

テニス上達法!バックボレー上達法!!

喜びましょう♪(* ^ー゚)このバックボレーはフォアよりも
非常に簡単です。詳しくは各講座に委ねますが、このバックボレーは
右肩(右利きの場合)の背を少し相手方向を向け、なれないうちは
ぎこちないですが手首&ラケットを90度で固定!!そのままほとんど
ラケットを動かさないでボールをタッチする。その感じでフォアと同様
の事をすればかなりの改善が見られます。

このバックボレーとフォアボレーをマスターすれば今までの
勝率が25%はアップするので是非これからの講座頑張ってください
♪(* ^ー゚)

メガテニストップへ
posted by KEN at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | バックポレー上達法▼▼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テニス上達法!フォアボレー最終回

テニス上達法!フォアボレー最終回

本日で最終回になるフォアボレー
今回はどうしてもボールがネットしてしまう!!を
やってみましょう♪(* ^ー゚)

ボールがネットしてしまう傾向として考えられるのが
ラケットを少し厚く持ちすぎ(フライパンを持つような感じ)
になりすぎていることが考えられます。

改善策としてはもう少し薄く(包丁グリップ♪(* ^ー゚)
でやってみましょう。つまりラケットの面が下を向きすぎている
傾向にあるので、もう少し上向きな感じで・・・そして肩で上から
下にボールをそっとタッチする。タッチする際にほとんど動かせない
のがコツです♪(* ^ー゚)是非お試しを・・・簡単ですが効果は絶大ですよ


メガテニストップへ
posted by KEN at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | フォアポレー症状(4) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テニス上達法!フォアボレー第三回

テニス上達法!フォアボレー第三回

フォアボレーでどうしてもボールがアウトしてしまう(汗)
そんなプレイヤーの為の今回のネット講座!!

ボールがアウトしてしまう原因の大きな理由に
ボールタッチが出来ていないことが考えられます

タッチとはどういうことか?
様々なプレイヤーを見ているとどうしてもボールを切ってしまって
いる傾向があることが考えられます。ボレー=切ると考えている
プレイヤーも多いはず。大きな間違えです。

右利きの場合左足側面を前に出し大きく踏み出す。
タッチはほとんど右肩で行うような感じで行う。

手首を使わずに足と方に集中して挑戦してみてください。
手首とラケットを90度にして是非お試しを♪(* ^ー゚)

メガテニストップへ
posted by KEN at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | フォアボレー症状(3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テニス上達法!フォアボレー第二回

テニス上達法!フォアボレー第二回

ボレーを打った直後にボール方向が右に行きやすい!?

と言うプレイヤーはもう少しボールをカット気味にしてみると
良いでしょう。その為にはラケットを今の握り方よりも少し
包丁を切るような感じに移動してみると良いでしょう。

そうすることで、多少ボールに逆回転気味の回転がかかりだします

どの講座でもそうですが、単純にグリップを変えれば良いと言う事ではなく
少しずつ調整の意味を含めて、グリップを一mm(大袈裟ではなく♪(* ^ー゚)
づつくらい移動して、一番しっくり来るところを探すのです♪(* ^ー゚)

これは地道な調整努力が必要ですが、上達も非常に早いですよ

メガテニストップへ
posted by KEN at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | フォアボレー症状(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テニス上達法!フォアボレー第一回

テニス上達法!フォアボレー第一回

フォアボレーは意外と難しいです♪(* ^ー゚)はっきり(汗)
しかしこつさえ掴めばこれほどおいしいショットもありません

第一回の講座はどうしてもボールにスライスがかかり
右方向にボールがいってしまう・・・というもの

ラケットを少しフライパンを持つように移動してみてください
この感じのみでかなりの改善が見られますが・・・

もっと欲を言えば足を踏み出し(身体は横向き)て身体の
真正面でボールを捕らえてみてください。

そっと!タッチするように・・かなり違う感じがすると思います
次回はボールが左方向に・・・をやりまーす♪(* ^ー゚)

メガテニストップへ
posted by KEN at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | フォアボレー症状(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テニス上達法!フォアボレー上達法

テニス上達法!フォアボレー上達法

フォアボレーの使用度と言うのは特にダブルスに限られた
ことではなく、シングルスでもポイントを取ろうと思えば
非常に有効なショットとして活用できるでしょう。

ボレーはきるのではなく、腕とラケットを90度に固定。
上から下に切るのではなく!上から下にタッチする。

卵を割らない様に、そっとタッチする。
ボレーとはそんな感じで要約できると思います
今後のネットレッスンではその辺を各項目ごとに
詳しく進めて生きたいと思います。♪(* ^ー゚)

メガテニストップへ
posted by KEN at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | フォアボレー上達法▼▼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

男子優勝!は岩渕 女子は中村♪♪

テニス・イザワオープン 決勝戦

ひそかに管理人と同県出身の森田あゆみを心から応援
していたがハードスケジュールからなる腰痛でリタイア
女子は中村藍子が決勝戦を米村知子(ワコール)に7−5、
6−1でストレート勝ちし、初優勝を飾った。

男子は岩渕聡(PTNコーチング)が松井俊英(IBS)を
7−5、6−3で下し、7年ぶり3度目の優勝!!!
本当に熱い戦いが見れました♪(* ^ー゚)

テニスって本当に楽しいですね♪(* ^ー゚)(どこかの映画評論家風に♪(* ^ー゚)


メガテニストップへ
posted by KEN at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テニス上達法!!サービス最終回

テニス上達法!!サービス最終回

テニス上達法!!サービス編いよいよ最終回です(泣♪(* ^ー゚)

今回はドライブサーブの打ち方です
この属に言うドライブとはスピンのことを意味します

グリップの持ち方としてはまず包丁を切るようなグリップで!!
そしてトスを頭の後ろに上げそのまま打つ!!・・・

それだけです♪(* ^ー゚)非常にシンプルですが非常に効果もあり
なるべくネットよりも一メートルくらい高いところを狙えば
意外とエースが取れることもありますよ♪(* ^ー゚)是非お試しを!!

次回はフォアーボレーに入っていきます♪(* ^ー゚)ではでは

メガテニストップへ
posted by KEN at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | サービス症状(6) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テニス上達法!サービス第五回

テニス上達法!!サービス第五回

サービスを打っていてどうも安定感がないなどのの
質問を多々受けることがありますが

これについて考えられるのが、特にテニス初心者の方に見られる
傾向として、テレビで見るようなプロテニスプレイヤーの打ち方を
そのまま最初から打とうとしてしまうということですΣ(・ε・;)

これは中級者の方にも見られますが、是非改善してみる余地があります

まずはテークバックの時に通常下からラケットを移動して
振りかぶり、ボールを打つようにしているようですが

特に安定感のない方の傾向として見られるのは、ただ振り回している
・・・それだけだと思います

改善矯正法としてはまずはラケットを肩の上におき(ここ重要)
そこからトスを上げて面に集中しながら打つ。

簡単に言うと、最初から肩の上にラケットを置きトスを上げ打つ
・・・これだけなんです♪(* ^ー゚)

周りから見れば非常に格好の悪いうち型になりますが、まずはこのうち方
をマスターしてから自分の格好良いフォームを見つけていけばよいと思います

メガテニストップへ
posted by KEN at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | サービス症状(5) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テニス上達法!サービス第四回

テニス上達法!!サービス第四回

サービスを打った後のボールの方向が
どうしてもネットにかかってしまう・・・と言う質問

テニスはなるべくミスを減らすスポーツと言う観点から
ネットやアウトをしてしまうのはしょうがない事

しかしネットし続けると言うのはテニスをし続ける上で
改善しなくてはならない技術でもあります

サービスがネットしやすい方は以下のことを試してください

まず原因として考えられるのがグリップをもう少し
フライパンを持つ側に移動すると言うことです
ネットしてしまうのはスピンがかかりすぎてしまっている
傾向にあるので上記のグリップに変更すると少し
ポールに対して厚い当たり(回転がかかりにくい)
感じになります。そのことを試しながらすこしずつ調整
してみてください。

メガテニストップへ
posted by KEN at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | サービス症状(4) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テニス上達法!サービス第三回

テニス上達法!!サービス第三回

サービスはゲームの最初に打つショット!!
サービスがフォルトすれば一向にゲームは始まりません

つまりフォルトするとゲームはポイントを取ることが
出来ないことを意味しますよね?

サービスを打っていてどうしてもフォルトしてしまう方は
次のことを試すと良いでしょう▼▼▼

まず原因としてボールに逆回転がかかってしまっている
事が考えられます。グリップの握り方を包丁グリップに
変えてみることをお奨めします。

欲を言えばトスの位置を少し頭よりも気持ちだけ
後ろに上げるように改善すれば、ネットしてしまうこと
はありますが今までよりも良い感じになるので、すこし
そんな感じで調整してみましょう

メガテニストップへ
posted by KEN at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | サービス症状(3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。